エアコンクリーニングをすると電気代が安くなるってホント?

冬場は綿ボコリや毛などで、お部屋の空気が汚れがちです。
お部屋の空気が汚れていると、エアコンのフィルターやエアコンの内部にまで汚れ付着し、その汚れがまたエアコンから吐き出され、お部屋が汚れる悪循環になります。
また、エアコンのフィルターや内部に汚れが詰まると、暖房効率が悪くなり余計な電力がかかってしまいます。

こまめにフィルターを掃除するのはもちろん、内部の汚れまでキレイにするとエアコンの運転がスムーズになり暖房効率が上がるので、電気代もお安くなりますよ。

風速が改善することで、無駄な消費電力をカット

クリーニング前 フィルターのみ洗浄 本体クリーニング後
風速m/秒 3.45 3.81 4.91
効果 10.4% UP 42.3% UP

エアコンを入れて1分間の平均風速が、3.45m/秒から4.9m/秒に変化。
これは、目詰まりの原因であるカビ・ホコリなどによるエアコンへの負担やロスがカットされたためと考えられます。

また、一般にエアコンは30%の風量が損なわれると15%も多く電力を消費すると言われています。
クリーニング後を100%とするとクリーニング前は約70%の風量なので、クリーニングを実施することで電気代はお安くなります。

→エアコンクリーニングについてもっと詳しく見る

クリーニングでエアコンを長持ちさせる

製造年 風速(m/秒) UP率
クリーニング前 フィルターのみ洗浄 本体クリーニング後 フィルターのみ洗浄 本体クリーニング後
〜1999年 2.95 3.28 4.44 110.9% 150.5%
2000年
〜2003年
3.23 3.61 4.67 111.6% 144.4%
2004年
〜2007年
3.59 3.96 5.06 110.3% 140.9%
2008年
〜2011年
4.01 4.34 5.42 108.3% 135.3%

クリーニングの効果をエアコンの製造年別に見てみると、フィルターのみの洗浄による効果は使用年数に関わらずほぼ一定となっていますが、本体洗浄による効果は使用年数が増すほど高くなっていることが分かります。

古いエアコンほど汚れているため、風速が弱くなり機械への負担が大きくなってしまうのですが、クリーニングを行うことで新しいエアコンと同等の風速に改善することができます。
機械への負担も軽減できるので、エアコン自体を長持ちさせることにも期待できます。

クリーニング後、カビ数が激減!

エアコン内部に潜んでいるカビは、運転開始直後にたくさん排出されます。

フィルター洗浄ではほとんど効果のなかったカビも、ダスキンのエアコンクリーニングではご家庭では触ることのできないエアコン内部まで分解洗浄するので、クリーニング後は約1/10にまで減少させることができました。

カビや細菌を除去することでお部屋がよりクリーンな空間になり、ハウスダストによる病気も防ぐことができます。

→カビの発生を抑制する抗菌コートもあります